Kako Lab.

Department  of Ocean Civil Engineering, Kagoshima University

 
 

 本研究室では、高時空間解像度の人工衛星データセットの構築や、東シナ海の大気海洋相互作用を解明する研究に取り組んでいます。特に、長江希釈水が海洋循環・大気循環に与える影響について興味を持っています。また、海岸漂着ゴミ問題に関しても海洋物理学の面からアプローチしており、漂着ゴミの自動検知を含む画像解析手法の確立も試みています。平成29年度からは、鹿児島県の水産業の発展に貢献するため、鹿児島水産技術開発センターとの共同研究を開始しました。以下に、最近の主な研究テーマを示します(順不同)。各テーマに関する詳細は、今後順次追加していきます。

鹿児島大学大学院 理工学研究科 海洋土木工学専攻

海洋基礎研究グループ(加古研)のページです。

  1. 1.長江希釈水が九州・中国地方周辺の集中豪雨の発生・発達に与える影響(科研費若手(B)が採択されました。

  2. 2.J-OFURO3への貢献 (高解像度人工衛星海上風ベクトルデータセットの構築)→J-OFURO3のWebページはコチラ

  3. 3.スジアラ・アマダイなどの卵仔魚の輸送・分散過程の解明

  4. 4.琉球海流の力学過程と物質輸送の解明

  5. 5.漂着ゴミを定量化するための新しい画像解析技術の開発。

ASCAT格子化データ

          Kako et al. (2011)の海上風データは     コチラ

    中川くんの修論の一部が、JPOに掲載されました。↓

Impact of Changjiang River discharge on sea surface temperature in the East China Sea. Journal of Physical Oceanography.


Shin’ichiro Kako1, Tomofumi Nakagawa1, Katsumi Takayama2, Naoki Hirose2, and Atsuhiko Isobe2

1 Graduate School of Science and Technology, Department of Ocean Civil Engineering, Kagoshima University, Kagoshima, Japan

2 Research Institute of Applied Mechanics, Kyushu University, Fukuoka, Japan

最新作は、コレ↓です

Effectiveness of Using Multisatellite Wind Speed Estimates to Construct Hourly Wind Speed Datasets with Diurnal Variations. Journal of Atmospheric and Oceanic Technology


Shin’ichiro Kako

Department of Ocean Civil Engineering, Graduate School of Science and Engineering, Kagoshima University, Kagoshima, Japan

Atsushi Okuro

Oceanographic Command, Maritime Self-Defense Force, Kanagawa, Japan

Masahisa Kubota

Institute of Oceanic Research and Development, Tokai University, Shizuoka, Japan